紫外線による肌ダメージをケアするために必要なこと

まずは紫外線を知ろう!

紫外線の種類はA波・B波・C波の3種類、これらは波長の長さの違いでAが長くてCが短いというもの。
波長が短いほどお肌へのダメージが大きくなるのですが、地上に届く紫外線の多くはA波とB波の2種類です。

この波長が1番長いAが1番強く降り注ぐのが5月。
雲や窓ガラスなどを突き抜け、お肌の奥深くまで届いてお肌悩みを誘発します。
赤みが出るような日焼けではないので油断しがちですが、肌に与えるダメージは大!!!

お家の中、誰にも会わない日もしっかりガードが大事です♡

『シミだけじゃない!』

お肌の老化の原因80%が紫外線の影響だと言われています。
コラーゲン、エラスチンを分解してしまう酵素が活発になってしまい
お肌の乾燥やしわやたるみが出やすく、若々しい弾力が失われてしまうのです。

 

2020は紫外線によるダメージ対策に『弾力ケア』を投入!

ルネッサンスアイコントゥア

エイジングケアに大事なエラスチンをしっかりサポートしてくれる目元ケア『ルネッサンスアイコントゥア』

日中のダメージを寝ている間にリペアする、アデノシン配合の『ラインアップマスク』

『乾燥からお肌をまもる』

エイジングケアに大切なものはずばり『水分』お肌が乾燥すると肌表面が硬くなりごわつきが出てきたり、スキンケアの浸透も悪くなってしまいます。

本来お肌は外からの刺激をしっかり防御していらないものは出す、という機能を持っているのですが…
乾燥が続くと防御する力=バリア機能がおちて刺激を受けやすくなってしまいます。
水分を蓄える力が高いお肌が健康的で若々しく美しいのは、強力なバリア機能を備わっているから。

 

徹底的にうるおいをチャージ!

表面のペタペタ感ではなく、しっかりと水分をお肌の奥深くまで届けることがとても大切『スキンクエンチングミスト』

しっかりと水分をたくわえて、内側の乾燥を許さない『オイルズインワン』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です